×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚式での友人としてのスピーチ

友人の結婚式でスピーチを頼まれると、なんてスピーチすればいいかわからず躊躇しますが、快く引き受けるべきです。新郎や新婦から結婚式のスピーチを頼まれるということは、一番大事な友人だと思われている証拠なので、プラス思考で考えるべきです。とはいっても、結婚式の披露宴で、新郎新婦の親族や友人、会社の上司を前にしてスピーチをするのはかなり緊張しますし、緊張のあまり言葉がでてこないというハプニングもあるでしょう。

結婚式で新郎新婦へのスピーチ

結婚式の披露宴でのスピーチというのは、人前でのスピーチに慣れている人以外は、だれでも緊張するし、避けて通りたいものです。でも、新郎新婦から結婚式に呼ばれている以上、披露宴の席でいきなり短い挨拶やスピーチを振られることもあるので、新郎新婦にまつわるちょっとしたおもしろエピソードなど用意しておくと安心でしょう。おもしろエピソードといっても、結婚式は新郎新婦や親族にとって大事なセレモニーであるので、失礼のないようなスピーチをする必要があります。結婚式のスピーチは、友人代表、上司、主賓などそれぞれスピーチの内容が違うので、自分の当てはまるスピーチを結婚式のスピーチ文例集で調べたほうがいいですし、披露宴でのスピーチが楽にできるでしょう。結婚式は厳粛なセレモニーなので、ある程度スピーチの形式というのは大事ですが、例文どおりの結婚式マニュアルスピーチになると、聞いているほうもうんざりします。だから、結婚式スピーチは新郎新婦を心から祝福するような、やさしく明るいスピーチであることが大切だといえます。

結婚式での主賓のスピーチ

結婚式の披露宴では媒酌人の挨拶に続き、主賓が新郎新婦にむけた祝辞スピーチを行います。来賓のトップバッターとして主賓が祝辞を述べるので、新郎新婦や親族は主賓のスピーチがどんなものか期待して聞きます。主賓の挨拶は人としての器量がみられるので、結婚式にふさわしく上品で好意的なスピーチが望まれます。例えば、結婚式の披露宴に入場したときの新郎新婦のうれしそうな表情や様子、新郎新婦の両親のことも少々祝辞に織り込むなど、歯切れよく、巧みに話すことで聞き手の心をつかめるのです。結婚式のスピーチでは、新郎新婦や親族に失礼のないようにしないといけませんが、あまりにも形式ばった挨拶だと、堅苦しくなります。名言やことわざを正しく使い、スピーチにおもしろさをだすためにも、事前に結婚式のスピーチ文例や事例をネットでチェックしたりしたほうがいいでしょう。主賓のスピーチは結婚式のスピーチの中でも重要な役割を持っていますので、素敵な祝辞を新郎新婦に送れるように気合をいれましょう。